CATEGORY

Real Hot X’masツアー日記 2012.11.29

ようやく今回のツアーでやる曲を全部触りました。まだ通しては演奏してませんが、全体像が見えて、よりツアーが楽しみになったのは言うまでもありません。

 

メンバーと音を合わせて行きながらアレンジを加える作業はとても楽しいです。メンバーは覚えるのが大変かもしれませんが(

 

今回はそんなメンバーのイケメン三人を紹介したいと思います。

 

まずはギタリスト、生熊耕治さん。

 

CUNEのギタリストとしてデビュー、今はJOVOで活動されてます。最近は自身のソロ曲もリリース。イケメンロックギタリストでございます。 

 

ルックスも良くてステージパフォーマンスもイケてて、ギターも上手い。そんなギタリストは意外と存在しません。素晴らしすぎます。なんと言っても出す音、弾く音が美しい。こんなにギタリストらしいギタリストも珍しいのでないでしょうか。っていうか、生熊耕治を見習えと僕は思います。ギタリストは絶対に絶対に絶対にかっこ良くなきゃならない。ロックのルールです。CUNEの頃から彼のかっこよさはずっと注目していたので、今こうして一緒にやれることが誇りであります。信頼出来る先輩です。 

 

次はドラムス、石井悠也さん。

 

数々のアーティストのレコーディングやサポートをされており、一番忙しい男です。でも僕は彼のビートが無くては歌えません。彼のドラムじゃなきゃ駄目なのです。彼のマネージャーに悠也くんのスケジュールをくれとよく頼みます()

 

どんなにドラムが上手いと言えても歌を引き立たせられるビートを刻める人はなかなかいない。悠也くんのドラムのテクニックはもちろん、彼の歌心は最高なのです。彼もPUNK上がりなとこもあり、どんなビートもパンキッシュです。でも歌心がしっかりある、そこが最高なのです。

 

物凄くシンプルなセットで叩いてくれています。シンバルはハイハット入れて三枚。ワンタム、ワンフロア、僕が一番好きなドラムセットであり、それを叩きこなす悠也くんの才能。ロックはドラムが命です!彼の天才的なビートに僕は乗っからせて歌わせてもらってるのであります。

 

 

最後はベース、牧田拓磨さん。

 

彼との付き合いが一番長くなりますが、Wyseのベース&ボーカルであり、バンドのメインコンポーザーであり、自身のソロキャリアも長く(僕は彼のソロ作品が大好きです)彼の音楽の幅広さ、音楽に対する信念、すべてにおいて尊敬出来る、言わば同世代唯一の戦友と僕は思っております。

 

彼がまず素晴らしいのは歌もさることながらベースのグルーヴ。自分で歌う人だけにグルーヴが常に歌有りきでスウィングしているところにあります。ほっとくと上手すぎるのでいつも、もっと雑に、下手に、適当に、いい加減な感じで弾いてくれと言います(

 

同じ時代を駆け抜けて来たわけですが、今でも彼から学ぶことだらけです。メインを取る彼にサポートとしてベースを弾いてもらうことは恐縮ですが、彼の歌とハモるのは本当に楽しく、音楽してるなといつも思わせてくれます。 

 

 

そんな三人と奏でるロケンローなツアーです。何が素晴らしすぎるって、彼らのスタイルとルックス。これ最高。 

 

ロックはかっこよくなきゃいけないのです。ルックスが良くなきゃロックじゃないんです。どう批判されようが構いません。だってかっこよくなかったらかっこよくないもの。 自分が憧れたミュージシャンはみんなかっこよかったですから。

 

かっこいい友達三人とロックをやってます。ステージに立つべき人間である三人とロックやってます。是非ご覧ください。

 

中島卓偉はソロでありながらバンドサウンドをいつまでも追求しています。それは彼ら三人、ギター生熊耕治、ドラム石井悠也、ベース&ボーカル牧田拓磨の才能があるからこそ。彼ら三人の存在が自分を無敵にしてくれるのです。

 

20121129 中島卓偉

 

Page Top